MemberInterview

社員インタビュー

ジョブローテーションで

新たな可能性を導き出す

東池 彩絵
2018年入社
HRI事業本部
モバイル事業部→コンサルティング 一般

ノウハウをまとめ上げ組織のさらなる強化を

入社後はモバイル事業部に配属となり、携帯販売ショップで勤務していました。5年目に店長を任され、現在はHRi事業部に異動となり、企業様の新卒採用コンサルティングを担当しています。
新卒採用が上手くいかないと悩んでいる企業の本質的な課題を解決し、採用を成功に導く仕事です。
これまでアローグループが培ってきた採用ノウハウを、業界、市場別にカスタマイズして企業様にご提案。採用後の内定者フォローまで一貫して行います。
またコンサルティング事業の拡大に向けて、企業によって内容が異なる商材や実績をまとめ、ノウハウを社内に水平展開出来るようにするのも私の仕事の一つです。

未知への挑戦が
新しい発見を生み出す

先ほども申し上げた通り、私はモバイル事業部から現在の部署に異動してきたので、全く知識のない中、一から採用やコンサルディングの知識を身につけることが大変でした。 そもそも現代の採用市場では私たちが就職活動をしていた時と比べて大きくスタイルも変わっていますし、未知の領域だなと。 でも実際にチャレンジしてみると、これまで培ってきたモバイル事業部時代の接客経験を活かすことができたり、今まで気づかなかった自分の強みを知る事ができるようになり、面白さを感じています。もともとチャレンジすることに億劫な私でしたが、今では新しいことに挑戦するのが楽しく前向きに物事を捉えられるようになりました。

どこにいっても
かわらない社風が強み

皆が相手を思い合って、大切にしているところですね。 HRi事業部に異動になった際、店舗での役職もあったので周りに気を使わせてしまうのではないかと心配していましたが、こちらの心配をよそに積極的にコミュニケーションを取ってくれたり、細かくフォローしてくださいました。 本社には様々な部署がありますが、他部署の方も困っていたらすぐに声をかけてくれますし、離れていても見てくれているのが伝わります。 モバイル事業部でもそうでしたが、個人で戦うのではなく、皆で頑張ろうという空気感が常にあって、アローグループならではの良さだと思いますね。 この人たちのためにも早く仕事を覚えて還元しようという気持ちになります。

ジョブチェンジの
ロールモデルを目指す
今後の目標は、モバイル事業部からジョブチェンジしたロールモデルになりたいと考えています。 モバイル事業部で培った経験が、どこにいっても通用すると証明出来る人になれば、他の社員の選択肢や可能性を広げられることになりますし、ジョブチェンジによって知識や価値観が加われば新しいシナジーを創り出すことができると思うんです。 また、採用コンサルティングの一員としては、現在少人数で取り組んでいるため、商材の知識がまだまだ属人的になってしまいがちなので、部署全体に情報を可視化して誰でも提案が出来るようにする事が目標です。今後は提案数も増やし、会社にとってコンサルティング事業が必要不可欠になるくらい重要な事業にしていきます。
アローリンクの
採用情報はこちら
テレックス関西の
採用情報はこちら